マロルアー製作日記1
 

第1弾製作

こちらには主に製作中の画像や進行状況等を載せていきます。

日記2(2010/7/4〜7/12) 第1弾製作
 
日記3(2010/7/19〜8/10) 第2弾製作
日記4(2010/8/14〜9/6)           〃
日記5(2010/9/7〜9/19)          〃
 
日記6(2010/10/05〜   ) 第3弾製作
  
Homeへ


2010.07/01

約半数の着色が済みました。

06300004_s.jpg

約半数の着色が済み、ドブ漬けを3回施したところです。

06300006_s.jpg

写真を撮り終え、ハンガーに掛け直しているところ。

06300010_s.jpg

同じく

06300013_s.jpg

棚には着色済みが手前、着色前が後ろ。
湿度計が約80%を指しています。この湿度には毎日悩まされます。


06300002_1_s.jpg 06300003_1_s.jpg

目玉の準備が始まりました。使用量プラス、数本分をポンチで抜きます。

06300004_1_s.jpg

くり抜いた目を台紙に貼り付けています。
これが終わったら黒目を入れ、コーティングを施します。
マロは目にも、こだわりがあります。

06300008_1_s.jpg

残りのルアーの塗装前のサンディングです。

06300009_1_s.jpg

右の白いのがサンディング後、左がサンディング前です。
朝までに全部終わらせ、ドブ漬けをします。

後は着色へと移ります。

 ------------------------------------------------------------------
2010.06/28


やっと着色段階まで作業が進みました。

06280001_s.jpg

  今回作っている約半数のルアーの、塗装前のバリ取りとサンディング作業です。
ペーパーをかけるのは、これが最後になります。

塗装は19本で約12時間位かかると思います。

06280006_s.jpg

バリ取り

06280011_s.jpg
 
同じく

06280013_s.jpg

ペーパーがけで凸凹をとります。

06280014_s.jpg

同じく

06280017_s.jpg

一番下がバリ取りとサンディングをし、ルアーのファルムを整えた物です。
もう一度ドブ漬けして着色作業に移ります。

06280001_2_s.jpg

光に翳して凹凸の有無を見ているところです。

06280002_2_s.jpg

細かいところは虫眼鏡でチェック。

06280003_2_s.jpg

きちんと削れたかどうかも確認!

06280005_2_s.jpg

綺麗に下地が出来ました。

朝までに、半数のマロルアーを全てこんな感じで作業していきます。
※日中はお店に人が来て集中出来ないので、専ら夜中の作業が続いています。

着色の日は店を閉めて集中したいと思います。


 
トップに戻る
------------------------------------------------------------------
2010.06/23
 
06200002-1_s.jpg
 
箔貼りが完了しました。
 これからドブ付け作業が始まります。
 
 
06220003_1_s.jpg

この時期、北海道も本州同様に湿度が高いので
原液の塗料にリターダー、シンナーを加え、攪拌します。

06220011_s.jpg

ドブ付け作業が1日に2回づつ行われ、作業はドンドン進んでおります。
毒性が強いので防毒マスクを着用しています。


06220003_2_s.jpg

塗料の硬化を待つ間に、顔を作る作業をしている所です。
顔はマロルアーの表情を決めるとても繊細な線引きが中心です。
丸1日かけて約20本分を書くのが精一杯です。

06220002_2_s.jpg

22日中に半分の量のルアーに作った顔を貼り、
日が変わる頃にドブ付けを行ないます。

06230001_1_s.jpg06230002_1_s.jpg

06230003_1_s.jpg
 
約半数の顔貼りが終了し、ドブ付け1回終了後の写真です。
23日15時現在
 

------------------------------------------------------------------
2010.06/17

06170003_s.jpg
 
アルミ箔貼り作業が始まりました。

摩呂ルアーは魚の種類により、くの字模様とクロス模様の大小があります。
昨日と今日でワカサギ、アユ、ヤマメのくの字模様のルアーを貼り終えました。
 
06170005_s.jpg
 
今はトラウトのクロス模様の小を貼り始めたところです。
 
06170006_s.jpg
 
貼り終えたマロルアーと箔貼り前のボディ。
 
06170012_s.jpg
 
神経を使う細かな作業が連日続いています。
 
06170014_s.jpg
 
あと2/3が箔貼りを待っています。
頑張るぞー!


 トップに戻る
------------------------------------------------------------------
2010.06/14

06130002_s.jpg

06120001_s.jpg

06120002_s.jpg

最後の1本の水砥ぎが、今日終わりました。
次の工程はアルミ箔を加工する作業です。


------------------------------------------------------------------ 
2010.06/10
                      
疲れた顔をしていますが、お久しぶりです。

06100016_s.jpg

 次回製作分のマロペン100、105、110のバルサのボディの荒削りをしました。

06100012_s.jpg

同じく

06100006-1_s.jpg

写真に写っているカッターナイフ一本で、
こんな感じで削り上がりましたが、
    この作業はこれだけで2、3日かかっています。

06100003_s.jpg

左の一本だけ光っているマロペン110は、水砥ぎ前で右に写っている 
  4本が水砥ぎ後。箔貼り前の重要な作業なので神経をとても使います。
一本当たり40〜50分程度かけて丁寧に仕上げていきます。

この作業は最終仕上げの良し悪しを左右する大事な工程です。

06100007_1_s.jpg

丁寧に砥ぎ上げているところです。
  サンディングペーパーは少し荒目と、細目の2種類を使用します。

  なにせ時間がかかるので、1日6、7本水砥ぎするとくたびれます。
まだ半分も終わっていません。あと数日かかると思います。

06100009_1_s.jpg

こうやって何回も水に付け洗いながら砥いでいきます。
摩呂ルアーは下地段階で完全防水されているという事です。


ページ内にあるすべての写真及びテキストの無断転載を禁止します。


トップに戻る

inserted by FC2 system